軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 日本カーリング選手権5連覇の「SC軽井沢クラブ」町長に報告

日本カーリング選手権5連覇の「SC軽井沢クラブ」町長に報告

2017年2月 9日 16:51

170209-01.JPG 日本カーリング選手権大会を5連覇した男子チーム「SC軽井沢クラブ」の選手・コーチらが2月9日、藤巻進町長を表敬訪問した。パシフィック・アジア・カーリング選手権での初優勝など、今季これまでの成績を報告し、2018年のピョンチャン冬季五輪の出場がかかる世界選手権(4/1~9、カナダ・エドモントン)に向け意気込みを語った。

 報告を受けた藤巻町長は「期待に応えてもらって素晴らしい」と祝福。4月の世界選手権に向け「オリンピック出場を勝ち取り、さらにカーリングの存在を国内に広めてもらいたい」と激励した。

 今年の日本カーリング選手権大会(1/30~2/3、軽井沢アイスパーク)は、予選で一度は敗れた「札幌」を相手に、プレーオフ初戦、決勝で勝利し、5年連続8度目の頂点に立った。長岡はと美コーチは「今年のレベルは高かった。ずっと世界を見て進んできたが、振り向いたら国内のチームも力を付けてきていた」と大会を振り返った。

 
スキップの両角友佑選手は「ここまでは順調に来たが、4月の世界選手権で成果を出すのが、今シーズンの残された仕事」と先を見据え、セカンドの山口剛史選手は「2013年に(通年営業の)軽井沢アイスパークができ、練習量が増えたことが結果に結びついている」と感謝の気持ちを強調した。

 選手は、冬季アジア札幌大会(北海道札幌市、2/19~26)、世界選手権に向け、この日から軽井沢合宿に入り、練習に励んでいる。

 世界カーリング選手権に向け選手一人ひとりの抱負はこちら

最近の記事

紅葉と読書を楽しむ

寒い時期に身に付けたい、ニット製品のフェア

no-image

軽井沢新聞編集部から訂正

湯川橋と南ヶ丘陸橋、全面通行止めに

軽井沢病院、通常業務を再開

一日限りのオープンギャラリー

軽井沢病院の入院患者2人感染

アーカイブ

PAGE TOP