「SC軽井沢ク」の地元、パブリックビューイングに町民ら沸く

_DSC9225.JPG 平昌五輪6日目の2月14日、カーリング男子日本代表のSC軽井沢クラブ(世界ランク8位)は世界ランク3位のノルウェーと戦い、6-4で勝利した。

 「軽井沢アイスパーク」で開かれたパブリックビューイングには、町民ら約120名が応援に集まり、SC軽井沢クラブの選手がストーンを投げると、スティックバルーンを叩いて応援。ダブルテイクアウト(相手のストーンを2個同時に弾きだすこと)を決めると「よっしゃー」などの大声と共に、会場が沸いた。サード清水徹郎選手の父、淳一郎さんは「待ちに待った五輪。偉大なステージに自分の子どもがいけるとは思っていなかった。自分の力、チームの力を出せれば良い」と期待を込めて話した。

関連記事

    人気の記事