4月19日オープン!ヒルトンのブランドホテル

記者会見.JPG 東急不動産とアメリカのホテル大手ヒルトンが協業するホテル「KYUKARUIZAWA KIKYO,Curio Collection by Hilton」が4月19日にオープンした。4月18日に行われた記者会見、内覧会にはキュリオ・コレクションbyヒルトングローバルヘッドのMark Nogalさんらが出席。報道関係者、ホテル関係者など約50人を前にホテルの説明、施設を紹介した。

 同ホテルは「旧軽井沢ホテル」の大浴場と客室を大幅に改装。海外からの観光客でも日本の趣きを味わえる畳付きの部屋も用意。館内には「桔梗」をモチーフにした軽井沢彫の装飾が散りばめられている。Mark Nogalさんは「軽井沢は風光明媚で暑さも穏やか。ゴルフやスキーに最適な場所。キュリオコレクションに置いて軽井沢は完璧な場所」と期待の言葉を述べた。
 「キュリオ・コレクション by ヒルトン」は、地元ならではの魅力や本物の体験を求める宿泊客向けに、ヒルトンがセレクトした上位ブランドで、日本初進出。「Timeless ゲストが自分自身を取り戻す時空間」をコンセプトに、何度でも通いたくなるホテルを目指すという。
 ホテルは鉄筋コンクリート造地下1階地上3階。客室は50室。チャペルやフィットネスジムなどの施設もある。

客室2縮小.JPG客室の9割は40㎡を超える広々とした作り。部屋の種類は6種類。畳付きの部屋「プレミアム ウィズタタミ」なども。値段は1泊2食付きで62,000~115,000円。大理石お風呂縮小.JPG





岩がテーマの大浴場は大理石を使用。光がテーマの大浴場は「太陽」「夕陽」「月明り」の3つの光が差し込む作り。

関連記事

    人気の記事