3市3町の伝統芸能集結、三陸の海の幸の販売も「夏祭り」

170725_02.JPG 農産物直売施設「軽井沢発地市庭」は7月27日から29日まで、「夏祭り」を開く。軽井沢産の焼きとうもろこしや、軽井沢産キャベツを使った焼きそばの販売、子ども向けにマスのつかみ取り(27・28日11:00~、各日50人)、交通ルールを記載した安全免許証づくり(27日9:00~16:00)などを開催する。

 また、地元の特産物、クラフト品販売の約30店舗が出店する「土の市」(27・28日9:00~16:00)、生活困窮者支援のための食品寄付を受け付ける「フードバンク軽井沢」(27日13:00~)も実施。「わかめ唐揚げ」など三陸の海の幸を販売する岩手県大槌町のキッチンカーも登場する。

 29日は軽井沢町の熊野皇大神社に伝わる太々(だいだい)神楽をはじめ、富岡市の八木節、岩手県大槌町の臼澤鹿子踊りなど3市3町の伝統芸能も披露される。
180725_01.JPG
各地の伝統芸能共演
日時:7/29(日)

10:00~ 八木節(富岡市)

10:40~ 太々神楽(安中市)

11:20~ 臼澤鹿子踊り(大槌町)

12:30~ 子龍舞体験(御代田町)

13:10~ 太々神楽(軽井沢町)

13:50~ 大浅間火煙太鼓(小諸市)

会場:軽井沢発地市庭

問合せ:TEL0267-45-0037(軽井沢発地市庭)

関連記事

    人気の記事