信州の良きもの取り入れた「サマーキャンドルナイト」

180810_01.jpg 軽井沢高原教会は831日まで、中庭を無数のランタンで彩る「サマーキャンドルナイト2018」を開いている。

 8月13~17日は「伝える」をテーマに、様々な特別イベントを実施。初めての試みとして「信州の良きものを来訪者に伝える」取り組みを実施。軽井沢彫のオルゴール箱をはじめ、飯山市に伝わる手すき和紙「内山紙」を使った和紙ランタン、鬼無里(きなさ)村の麻で作ったシェードなどで会場を彩る。

 ランタンの貸し出しや、牧師の講話とゴスペルを組み合わせた「音楽礼拝」(18:30~、19:30~、20:30~)もある。初日となる13日は、訪れた人全員でランタンキャンドルに明かりを灯す「灯(ともしび)式」(18:30~)も行う。

サマーキャンドルナイト

日時:8/1(水)~31(金)18:30~21:00 参加無料
(13〜17日は特別イベント期間)

場所:軽井沢高原教会

問い合わせ:TEL0267-45-3333

関連記事

    人気の記事