浅間山噴火警戒レベル「2」に引き上げ

210323_01.JPG 浅間山の火山活動が高まっていることから、気象庁は3月23日16時、噴火警戒レベルを「1(活火山であることに留意)」から「2(火口周辺規制)」に引き上げた。山頂火口から概ね2kmの範囲に影響を及ぼす、小噴火が発生する可能性があるとして警戒を呼びかけている。

 発表によると、15日頃から浅間山西側で膨張を示すわずかな傾斜変動を確認。山体の浅いところを震源とする火山性地震は、20日36回、21日68回、22日77回、23日は15時までに77回と増加で推移している。火山ガス(二酸化硫黄)の放出量も1日あたり800㌧と、前回(2月25日、200㌧)に比べて増えている。

 浅間山の噴火警戒レベルは2月5日、「1」に引き下げられたばかりだった。(写真は3月23日11時半の浅間山)

関連記事

    人気の記事