6か国のスイーツを食べて世界旅行気分に、「軽井沢スイーツ散歩」

sweet.jpg
 「軽井沢スイーツ散歩2021春」が5月31日まで開催されている。今回のテーマは「世界を旅するスイーツ」。参加施設のパティシエ6人が1国選んでその国をイメージしたスイーツを創作。

 キューブ型のスポンジにチョコレートソース、ココナッツをまぶしたオーストラリアの伝統菓子「ラミントン」(旧軽井沢 ホテル音羽ノ森)や、桂花陳酒のジュレとライチなどのフルーツを使い、楊貴妃をイメージした華やかなスイーツ(軽井沢プリンスホテル ウエスト)などがある。スイーツはそれぞれの施設で味わえる。

 「コロナ禍で海外旅行に行けないので、軽井沢で世界のスイーツ楽しんでもらいたいと思い企画。軽井沢町内で巡る『世界旅行』をイメージしました」と事務局の担当者。

 期間中スタンプラリーも開催し、対象のスイーツを1つオーダーして押印。6個集めて応募すると、抽選で参加施設のオリジナルスイーツが当たる。

写真:ラミントン・英国紅茶付(左)、楊貴妃(右)

~参加施設~
アトリエ・ド・フロマージュ軽井沢売店・旧軽井沢店「ピスタチオ ティラミス(イタリア)」
ホテル軽井沢エレガンス「あんずとペルーショコラ(ペルー)」
旧軽井沢 ホテル音羽ノ森「ラミントン・英国紅茶付(オーストラリア)」
軽井沢プリンスホテル ウエスト「楊貴妃(中国)」
万平ホテル「ルイボスティーのプリンとガーナ産カカオのグラス 焼きバナナチュロス添え(ガーナ)」
野菜がおいしいレストラン 軽井沢ホテルロンギングハウス「ミントとライムのモヒートタルト(キューバ)」

関連記事

    人気の記事