『読書大全』で紹介の200冊、一堂に

211108.jpg
 森ビルの最高財務責任者(CFO)などを務めた、多摩大学社会的投資研究所教授・副所長で軽井沢在住の堀内勉さんが、古今東西の名著を紹介したベストセラー『読書大全』(日経BP)。その紹介書籍を並べた企画展「人類の知の航海図200冊展」が11月10日から、御代田町立図書館で開かれる。11月末まで館内で閲覧でき、12月から通常貸出する。


 書籍は上・中・下巻に分かれているものなどもあり、展示点数は約320冊。ふるさと納税の寄付金を使い、蔵書になかった計180冊を新たに購入した。紹介書籍のうち2冊だけは、絶版のため手に入らなかった。

 企画展にあわせ11月13日19時から、堀内さんと小園拓志御代田町長のオンライントークイベントを開催。図書館ホームページの専用フォームから申し込むと、当日の配信URLなどが送られる。定員は90人。TEL0267-32-0800(御代田町立図書館)

関連記事

    人気の記事