15人死亡のバス事故から6年、慰霊碑で遺族ら追悼

220115.JPG
「安全安心なバス運行を誓う集い」に参加した関係者らが、事故現場となった慰霊碑前で黙祷を捧げた

 大学生ら15人が亡くなったスキーツアーバス事故から6年を迎えた1月15日、遺族ら多くの関係者が現場の慰霊碑を訪れ祈りを捧げた。

 遺族会「サクラソウの会」代表で、当時大学2年の寛さんを亡くした田原義則さんは「この場に来ると、あの日の悲惨な状況を思い出す。親として遺族として、二度とあのような事故をおこしてほしくないという思いを新たにした」と語った。

 今年初めて、遺族の呼びかけによりバス、旅行業界の関係者や国土交通省、軽井沢町などが参加する「安全安心なバス運行を誓う集い」を実施。コロナ禍で各業界が疲弊する中でも安全を最優先し、事故防止に努めていくことを確認し合った。

 田原さんは「交通安全に関わる各協会の皆さんが、事故のあった場に一堂に集まり、継続的な再発防止を誓って頂けたのは非常に大きな意味があった」と振り返った。集いは年に1回以上開き、交通安全を啓発する活動を展開していく。

<軽井沢スキーバス転落事故>
2016年1月15日、東京から斑尾高原スキー場(飯山市)を目指していたバスが、国道18号碓氷バイパスの入山峠付近で、カーブを曲がり切れず道路脇に転落。15人が死亡、26人が重軽傷を負った。


関連記事

    人気の記事