ワクチン3回目、集団接種はじまる

220202_01.JPG
 軽井沢町は2月2日、新型コロナウイルスワクチン3回目の集団接種を始めた。軽井沢町中央公民館を会場に水、木、日曜日、一日300~330人の接種を行う。2回目接種日の7カ月後をめどに送付される接種券を受け取り後、専用サイトか電話で予約できる。2月中はモデルナ社製で、3月からは日によってファイザー社製も使用する。

 軽井沢旅館組合が主導する3回目の職域集団接種(モデルナ社製)は3月26、27、28日、軽井沢プリンスホテルで実施を予定している。町内各医療機関の個別接種も始まっているが、機関ごとに予約方法、受け入れ条件が異なるため確認が必要だ。

 2日、中央公民館で接種した追分の70代女性は「1、2回目の接種(ファイザー製)で副反応はなかったが、今回はちょっと心配。早く打てて良かった」と話した。

関連記事

    人気の記事