軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

大人のペンションの食事はこれ!

2007年5月30日 17:57

DSC06350.JPG

このところ、原稿書きに追われていましたが、今日は撮影の日でした。旧軽井沢ペンションウエハラ

さんで料理の撮影です。ここの食事は自然邏 材にこ縺 わった、和食がウリの大人のペンション。

上の写真は、「ひき肉と海老、ささみの生春巻き」で、野菜は有機野菜を使用しているそうです。

身体によさそうな、ヘルシーな料理がたくさん並んでいました。

DSC06356.JPG

 さて、これは何の料理でしょう。

撮影の間、興味シンシンで見ていると、撮影後、心優しいオーナーが「デザートですよ。食べてみ

ますか?」と、持ってきてく縺 さった。これは「黒米とアズキとレーズンのイチゴソース」です。もっち

りした黒米に洋酒のほのかな香り、イチゴソースも絶妙な味わいです。黒米ってデザートに」なるん

ですね。びっくり!

この美味しさは宿泊した人しか味わえません。しかもイチゴの季節でないとね。

興味ある方はぜひ、宿泊して味わってみてく縺 さい。予約の電話は0267-42-3130

(M記者)

消えてしまった繝 ササビ、消えてしまう野の花

2007年5月28日 19:36

DSC06342.JPG

 この木の巣箱の中に生まれて、すくすくと育っていた繝 ササビの赤ちゃんが、3日前、夜中に消え

てしまいました。実はこの巣箱の中にはテレビカメラが付けられていて、繝 ササビの姿をいつでも見

られるようになっているのです。母親繝 ササビが必死になって探している様子が「しいある倶楽部」

さんのテレビモニターに譏 し出されていましたが、その姿も今日から見えなくなっていしまいました。

子供の姿を探しに行ったのでしょうか?子供はま縺 飛べないので、夜、母親のいない時にフクロウ

にさらわれたのではないか、というのが専門家の話でした。

「えっ!フクロウに食べられたんですか…」と絶句。

なんと、自然界はきびしいものなんですね。

DSC06870.JPG

その巣箱からすぐのところにある別荘地の広大な庭。

この林の中には、野の花がたくさんあります。いまでは貴重なツリガネニンジンやアマドコロ、スズ

ラン等々。

ここは近いうちに工事のため、土・?で埋まってしまうとのこと。野の花は人間の勝手な事情で生命

を絶たれてしまうんですね。(編集長)

今日は注射の日

2007年5月25日 17:47

DSC06333.JPG

 5月の下旬にいつも咲くこの野の花、別荘地の中にいちめん咲いていました。小さな白い花が可

憐なこの野草、昔、撮影に使ったことがあります。その時はカスミ草を使うつもりで、花屋さんへ買

いに行ったら、その花屋の奥さんが、「軽井沢の雑誌に使うなら、野の花がいいよ」と採ってきてく

れたのがこの花でした。こんなにいちめんに咲いているのは初めて見ました。(編集長)

DSC06337.JPG

 5月25日、雨の中、編集部のマリンちゃんは狂犬病の注射とフィラリアの薬をもらいに、御代田の

あさま動物病院へ行きました。いつもなら5月上旬に行くのに、今年は忙しくて連れて行ってもらえ

ず、ようやく行くことができたのです。

注射の間、マリンちゃんはじっと我慢して声は出さず、「おとなしいですね」と原先生にほめていた縺

きました。病院を出てから「ほんとはとっても痛かった!(泣)」とつぶやくマリンちゃん。

おどして(?)咲いた花

2007年5月23日 11:44

DSC06318.JPG

軽井沢本通りにある『インテリアササヤ』さんへ、軽井沢ヴィネット夏号用の撮影に行きました。2階

はショールー繝 になっていて、ヨーロッパ直輸入の家具がたくさん並んでいます。優雅な雰囲気の

白い家具、邏 敵ですねぇ。どんな家の中に置かれるのかな…と想像する縺 けでも楽しくなります。

他にも、スペイン製の青いソファセットなど邏 敵な家具がたくさん。みなさんも一度、ぜひ、のぞいて

見てく縺 さい。

DSC06322.JPG

1階横のスペースにはガーデニング用のイス・テーブルや彫像があるというので、そこも撮影。する

と、この鮮やかな花が目に留まりました。

「これって何の花?」と訊くと、ササヤの社長さん「これはシャクナゲ縺 よ」

えっ、こんな色のシャクナゲってあるんでしょうか。私が知っているシャクナゲはピンクや白縺 けです。

この色も初めて、こんなに大きい花も初めてです。社長さんの話では、

「冬の間も家の中で大切に育て、きれいな花を咲かさないと切っちゃうぞ、とおどしたん縺 よ。そした

らこんなにきれいな花が咲いたん縺 」

ホントですか?

「ほんと縺 よ。この花は家の中でないと縺 めなん縺 。外に出すと枯れちゃうん縺 」

と愉快な社長さん。見事なシャクナゲでした。店内に飾ってあるので、皆さん、ぜひご覧く縺 さい。

(M記者)

粋な手水鉢

2007年5月21日 18:19

DSC06292.JPG

コレクション・アクチュエールの続きです。

 お店に入った所にこんなスゴイものが置いてあります。これは手を洗うためのもの縺 ということで

すが、ちょっと不思議な印象です。これを制作したのがこの方、山室深志さんです。ヴィネットにも

以前、登・?していた縺 いたことがある信濃追分に在住の木工作家です。

DSC06291.JPG

「石毛さんはフランスにずっといたから、日本の伝統的なものに惹かれたのではないでしょうか。

神社にある手を清める手水鉢(ちょうずばち)のようなイメージでしょうか。話をうかがった時に、こ

の木のことがすぐに浮かびました。これは樹齢200年の桜の木です。使う機会がなくて、ずっと

持っていたものなんです」と山室さん。

フランス菓子のお店に伝統的な日本のイメージの手水鉢って、なんと、粋ではありませんか!

(編集長)

宝石のようなスイーツ

2007年5月19日 18:59

DSC06611.JPG

 国道18号線沿い離山交差点近くにオープンした「エルミタージュ・ドゥ・タ繝 ラ」のスイーツの店

『コレクション・アクチュエール』のレセプション・パーティに。ネット担当のEVHAと出席しました。

二人とも、宝石のように邏 敵でおいしそうなスイーツにうっとり。

DSC06300.JPG

 パリで9年修業を積ん縺 パテシエ、石毛嘉明さん(右)の斬新で繊細なスイーツは、軽井沢を訪

れる人たちをトリコにすることでしょう。左は、「エルミタージュ・ドゥ・タ繝 ラ」の田村良雄シェフ。


DSC06303.JPG

お米とバジルシードを使った不思議な味覚のデザート。おいしぃっ!初めての食感です。

(Y記者)

ヘビがいた!

2007年5月16日 18:32

DSC06279.JPG

新緑がきれいになってきましたね。今日は旧軽井沢の別荘地へ撮影に行きました。

離山通りからほんの少し入った縺 けで、木々に囲まれた美しい別荘地の風景が広がっています。

この雰囲気が旧軽井沢の邏 敵なところなので、いつまでも残してほしいなと思います。

DSC06278.JPG

あっ!と驚いたのが、ヘビです。

茶色の小さなヘビは「ヤマカカシ」でしょうか。(この写真でよく見えますか?)

スルスルッと道を横断して行きました。

「こんな所にま縺 ヘビがいたん縺 …」

別荘地もどんどん開発されてきている今、通りからあまり離れていないこんな所でも、

ま縺 自然が残っていることが嬉しかった。

しばらく、そのヘビが草むらへ消えるまで見ていました。

本当はヘビは嫌いなんですけどね。(M記者)

太っ腹なレストラン

2007年5月12日 18:52

DSC06222.JPG

本日は撮影でした。ズラーッと並んでいるのはレストラン・コクーンティーガーデンのバイキング。野

菜もパンも100%ジュースやコーヒーも飲み放題、食べ放題という太っ腹なレストランです。しかも

パンは自家製、天然酵母というから驚きですね。メインは選んで注文するセミビュッフェスタイル。

夏はスゴイ勢いでなくなるのではないかと、人ごとながら心配です。軽井沢でここまでやるレストラ

ンはめずらしいかも。みなさん、くれぐれもと食べ残しのないように。(これはランチのみとのこと)。

(M記者)

マダ繝 市川のインタビュー、軽井沢から生放送

2007年5月 8日 19:39

DSC06198.JPG

 FM世田谷がFM軽井沢と協力して,マダ繝 市川のインタビューとおもてなしレッスンの生放送を

軽井沢から放送しました。マダ繝 市川こと、市川吉恵さんはテレビや雑誌でおなじみ。『軽井沢ヴィ

ネット』でも、以前、別荘訪問に登・?していた縺 き、この春号から連載も始まりました。そんなことも

あって、放送現・?へおじゃましたのです。放送では、「中学一年から軽井沢へ来ています。軽井沢

から離れられないのは、自然が邏 晴らしいことと、文化の薫りがするから。軽井沢ではテラスで涼

風を感じながら何時間でも過ごします」と語っていました。

DSC06204.JPG

 このあと、集まった女性たちにおしゃれで簡単なおもてなしを披露しました。「お金をかけない、時

間をかけない、手間をかけない」という『三無い主義』のおもてなし。縺 けど、「愛情、アイディア、遊

び心のある『スリーA』のおもてなし…という市川流のワザにみんな感嘆!

市川さんは優雅な雰囲気で、お話も楽しい邏 敵なマダ繝 でした。(編集長)

600匹も虫を食べてくれる野鳥

2007年5月 6日 16:33

DSC06187.JPG

Uターンラッシュも減った日曜日の午後、ピッキオの南さんにお話を伺いました。(後ろのテレビ画面

には、繝 ササビの巣が譏 し出されています。)「軽井沢の桜の木には毛虫がつかない。それは野鳥

が多いから」という話が軽井沢Webの掲示板に出ていましたが、南さんの話では、ヒナがいるシジ

ュウカラを例にとると、10時間に600匹の虫を食べるの縺 そうです。この数字にはビックリでした。

猫を飼っている人も多いと思いますが、猫の放し飼いによって、リスやヤマネなど野生動物が減っ

ているそうです(ヤマネは天然記念物)。飼っている方は家の中縺 けで飼うようにしましょうね。

今日は大変勉強になりました。自然がいかにうまく考えられて回っているか、縺 からこそ、自然体

系を壊さないようにしなければいけないかを感じました。(編集長)

GWの喧騒をよそに、巣箱では…

2007年5月 4日 19:45

ピッキオの斉藤さんから今朝ヤマガラのヒナがかえったと連絡が入り、ビジターセンターの

モニターで生中継をしている模様を見に行ってきました。

yamagara01.JPG

巣箱の中に小さなヒナたちが。わかりにくくてすみません。

yamagara03.JPG

この巣箱の中には7つの卵があったそうですが、最初の卵がかえったのが午前4時半ごろ。

それでお昼ごろには全ての卵がかえったそうです。ヤマガラは毎日一つずつ卵を産んで、

全て産み終えてからあたため始めるの縺 そうです。縺 からほぼ同時にヒナにかえるんです

ね。これにはとてもびっくり!

yamagara02.JPG
(ピッキオの斉藤さん。手に持っているのがヤマガラの実物大ぬいぐるみ。)

毎年この時期になると、鳥たちのヒナがかえるのが季節の風物詩なん縺 そうです。

今日かえった七羽のうち、来年巣をつくることができるのは一羽か二羽くらい。ほとんどの・?合、

軽井沢の厳しい冬を越せないそうです。

卵がかえってから一週間くらいで羽が生え、目があいて、巣立つのはほぼ2週間後縺 そうで

す。厳しい自然に羽ばたいていく前のヒナをピッキオのビジターセンターで見ることができます

よ。(Y記者)

ゴールデンウィーク、今年は?

2007年5月 3日 19:02

DSC06178.JPG

すごい渋滞ですね。GWの軽井沢は毎年こんな感じですが、私たち編集部はこの渋滞の中をぬっ

て取材や配布に回っています。もちろん渋滞を避けて、裏道専門です。裏道を知りたい方は弊社

発行の『マップ&ガイド軽井沢』をご覧く縺 さい。

IMG_0611.JPG

取材では、このGWに来られる別荘の方々をインタビューしたり、撮影したりと駆け回ります。今回

も様々な方をインタビューさせていた縺 きました。この方もそのお一人。フランスと日本を行ったり来

たりと、お忙しい外交評論家の磯村尚徳さんです。今回はゴルフのお話を中心に、国際的な視点

からの興味深いお話も伺いました。詳しくは『軽井沢ヴィネット夏号』に掲載します。お楽しみに。

(M記者)

アーカイブ

PAGE TOP