軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > カラマツがすてきな家具に 木の文化を考えるデザイン展

カラマツがすてきな家具に 木の文化を考えるデザイン展

2011年10月17日 10:31

111017.JPG
 森林の活用を願ってカラマツを邏 材に行われた「木のデザイン」公募展の受賞作品が、10月8日に脇田美術館で発表された。全国から応募のあった320点のうち、大賞に選ばれたのは長野市出身の小林啓伯さんの作品「kisori」。子供のころに触れた木の感覚を生かして作ったというこの作品は、変形に強いカラマツの特徴を知った上で、木材を微妙に反らした独特のデザインが評価された。軽井沢町在住の山田ワタルさんと藤森智香理さんの作品「からまつの林に入りて…」(左下写真)は、カラマツの形をモチーフにしたパーテーションで、こちらは入選を果たした。

111017-02.JPG
 入選作品は同日より脇田美術館で展示されている。「芸術を通して、日本の木の伝統や文化をもう一度みつめてほしい」と館長の脇田智さん。展示は11/25まで。TEL0267-42-2639(脇田美術館)

最近の記事

佐久の農、食を体感する軽井沢発バスツアー 6月に

軽井沢の花と緑を楽しもう

「SC軽井沢クラブ」シチズングループを訪問、平昌五輪での健闘誓う

アロハフラフェスティバル、今年も

あのマエケンも指導!藤原弘介監督の講演会 23日に

4月の火山性地震、2年ぶりに1000回下回るも「引き続き動向注視」

15万株の花咲く「しゃくなげ園まつり」

アーカイブ

PAGE TOP