エロイーズ・カニングハムゆかりの建築でコンサート

%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%A2-%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AFver.jpg
 青少年音楽協会は7月18日、同協会の設立者で音楽教育家のエロイーズ・カニングハム女史(1899-2000)ゆかりの建築でコンサートを開催する。
 アメリカ合衆国出身のカニングハムは、宣教師の父に連れられて来日。日本の青少年に本格的な音楽を聴かせたいと考え、1939年に現在の青少年音楽協会の前身、青少年音楽鑑賞会を立ち上げた。1983年には、幼少期の夏を過ごした思い出の地・軽井沢に、音楽を学ぶ若者の練習場兼音楽ホールとして「ハーモニーハウス」を建設。設計は吉村順三が担当した。同施設のダイニング部分は、現在カフェとして活用している。
 コンサートでは映画音楽やシャンソンなどの、懐かしの名曲を演奏し、訪れた人のリクエストにも応える予定。入場無料、予約不要。
 

イエスタディ・ワンスモア
日時:7月18日(土)14:00〜
場所:ハーモニーハウス
入場料:入場無料
予約不要
出演:村井陽子(ヴァイオリン)、古澤祐治(クラリネット)、古澤恭子(ピアノ)
プログラム(予定):ムーンリバー、シャレード、太陽がいっぱい、イエスタディ、その他来場者のリクエストにも応じる
問い合わせ:050-5835-0554(エロイーズカフェ)

関連記事

    人気の記事