修理工事中の旧三笠ホテル、特別公開へ

 軽井沢町教育委員会は8月29日、保存に向け修理工事中の重要文化財・旧三笠ホテルを特別公開する。貴重な文化建造物へ理解を深めてもらうのが目的。当日は、修理に関わる文化財建造物保存技術協会の専門家が館内を案内する。

 9時半~、11時~、13時半~の3回で、所要時間は45分ほど。各回定員10人で、町内在住者の小学生以上が対象。参加は無料。事前申し込みが必要で、定員に達し次第締め切る。申し込みの受付は、電話(TEL0267-45-8695)か、教育委員会生涯学習課窓口で8月11日8時半から。
200805_01.JPG
 1905年建築の旧三笠ホテルは、現存する木造純西洋式ホテルとしては日本で唯一のもの。保存修理、耐震補強工事のため2019年12月末から休館中で、再開は2024年を予定している。

(写真は、素屋根に覆われた現在の旧三笠ホテル)

関連記事

    人気の記事