7/26 旧軽ロータリーに臨時警備派出所

100726.jpg
 軽井沢警察署は夏期に急増する別荘滞在者や観光客の安全確保のため 7月24日から8月31日まで、旧道ロータリーに臨時警備派出所を設置する。事件、事故の迅速な対応と治安体制の強化が目的。期間中は、署員のほか地元の地理に詳しい案内人が派出所内に常時待機し、観光客らの道案内などにあたる。昨夏は約11300人が地理案内に同派出所を訪れた。
 7月24日の開所式には軽井沢警察署長や署員をはじめ、一日警察署長を務めた俳優の南翔太さん、軽井沢町長、観光協会長らが出席。旧軽臨時交番と観光案内所の2種類の看板を建物に掲出した。
 南さんはウルトラマンのヒーロー役を演じていることで知られ「普段宇宙のパトロールはしているが、地球では初めて。軽井沢は治安が良いと聞いているが、事件や事故に巻き込まれないよう気をつけて」と話していた。
 開所式後は長野県警察音楽隊の演奏に合わせ、南さんらを先・?に旧軽銀座通りをパレード。「安全・安心な街軽井沢」をアピールした。

関連記事

    人気の記事