軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ピープル
軽井沢新聞 ピープル

春夏秋冬、季節が巡るように、一途な少女の恋を描いて52年

漫画家 みつはし ちかこ さん

ph_201509_01.jpg みつはし ちかこ さん
 背の低い女の子チッチが、ハンサムで長身の男の子サリーに抱く一途な恋心を描いた4コマ漫画『小さな恋のものがたり』を、デビューから52年にわたって連載。昨秋発表した単行本43集で区切りをつけた。
「春夏秋冬、季節がぐるぐる回るように、花が繰り返し咲くように、チッチとサリーの物語も巡り続けてきたように思います」と振り返る。アイデアに困ることもあったが、机にスケッチブックを置いて描き出すと「チッチの方から紙の中で動いてくれるんです」。

 心不全に倒れ2008年から3年間休載した。歩くのも辛い時期が続いたが、「このまま中途半端で終わらせたくない」とリハビリに励んだ。何とかペンを握れるようになったものの、慣れ親しんだ付けペンでは筆圧が足りず、マジックペンで描ききった。 「何で自分は生かされたんだろう、とずっと考えていました。ファンとチッチには何度も励まされました」
 今年、日本漫画家協会賞文部科学大臣賞と手塚治虫文化賞特別賞を受賞。同じ作品を半世紀以上にわたって連載した功績が評価された。
「デビュー前、手塚治虫先生に作品を見てもらう機会があり、『面白い』と言われ自信がつきました。その一年後、描きためた『小さな恋のものがたり』を持って、初めて出版社に売り込みにいき、デビューが決まりました」
 2010年に続き今年7月に軽井沢タリアセン「睡鳩荘」で開催した原画展のため軽井沢を訪問。かつて雑誌『いつかどこかで』の取材で訪れたこともあり、軽井沢には懐かしさがある。

 「緑いっぱいで、きれいな湖があってロマンチック。チッチとサリーにはぴったりの場所ですね」

 『小さな恋の...』はひと区切りしたが、「どんな形でもいいので、チッチを見せてほしい」というファンの声は絶えない。 当の本人は「続編は考えていない。43集の続きは読者のそれぞれの想像にお任せしたい」。40年以上、二人三脚で苦楽を共にした担当編集者の山崎園子さんは、「常にチッチは彼女の中にいる。これからどう突き動かされるかはわからない」と含みを持たせた。
 気長に待っていれば、ひょっとどこかで、チッチに会える日がやってくるかもしれない。
バックナンバー バックナンバー

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP