軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ニュース
軽井沢新聞 ニュース

史上2番目、314・5㎜の雨量を記録 台風19号、家屋全壊や土砂崩れも

1911_news_taihu01.JPG

1911_news_taihu02.JPG
 日本の広範囲で甚大な被害を残した大型の台風19号。軽井沢町では10月12日の降水量が、1925年の統計開始以来2番目に多い314・5㎜を記録した。12日正午頃に、住宅の屋根で雨どいを点検しようとした60代男性が、約3m下の地面に転落し腰を打撲する軽傷を負ったほか、人的被害はなかった。

 町の総務課防災係によると、家屋被害は31日現在、全壊2件、半壊3件、一部損壊が4件。全壊の2件は別荘で、いずれも土砂崩れが原因。半壊と一部損壊は、地下倉庫への流水、土砂崩れ、倒木などによるもの。浸水は床上、床下ともに報告されていない。

 数カ所で土砂崩れが発生した茂沢地区では、家屋や畑まで土砂が流入したところもあった。茂沢川にかかる畑地へつづく橋と護岸が崩落した。13日朝、橋を見に訪れた女性は「これからは別の道を使って、畑に歩いて行かないと」。

停電は最多時、約13000件
全面復旧までに6日間

 電線への倒木などによる停電は、12日正午ごろから各所で発生し、13日朝には約13000件に上った。一時は自衛隊も出動して倒木除去にあたり、停電戸数は15日18時に約3000件に減り、17日15時に全面復旧した。

 千ヶ滝の小松紀男さんは14日夕方、充電スポットととなった町役場を訪れた。停電の中、カセットコンロで調理していると話し「ロウソクをつけて原始生活。暗い中では食欲も出ない。することもないので7時には寝ています」。

 200人の生徒が学ぶ、千ヶ滝西区の全寮制国際高校「UWC ISAK JAPAN」は、停電が5日間続いた。冷蔵庫は使えなかったが、生徒、教職員に必要な食事は確保できたという。同校の広報担当者は「生徒たちの楽観的な姿勢に救われた。電力が戻った時には歓声が上がりました。倒木処理などで、軽井沢町のみなさんに助けて頂き感謝している」。

 土砂流入、越水、倒木による道路の通行止めも各所で発生。国道18号バイパスから碓氷軽井沢ICへ向かう数カ所で土砂の流出などがあった影響で、16日13時までICが閉鎖。碓氷軽井沢IC--佐久IC間の通行止めは23日6時に解除された。

案内所に観光客殺到
「どうしたら帰れるの」
 公共交通にも大きな被害が出た。北陸新幹線は13日の日中は運休し、夜に上り1本、下り3本の臨時列車を運転。25日から、暫定ダイヤによる東京--金沢間の直通運転を再開している。

 13日、軽井沢駅の観光案内所には、朝から国内外の観光客が押し寄せた。電話も一日に60本以上かかってくるなど、2人のスタッフが対応に追われた。「どうしたら東京へ帰れるか」という問い合わせが多く、高崎駅--横川駅を結ぶ信越本線も止まっていたため、高崎までのタクシー運賃を尋ねてくる人も少なくなかったという。スタッフの一人は「情報収集しながら、皆さんへの対応もしないといけない。ずっと喋りっぱなしの一日でした」と振り返った。

 報道による風評などの影響で、直接的な被害のなかった宿泊施設でもキャンセルが相次いだ。13日以降、万平ホテルでは262件、約600人のキャンセルが出た。

町公式SNSアカウント開設など求め署名運動も

問われる、災害時の情報発信のあり方

1911_news_taihu03.png 防災無線の放送やメール配信された内容が、町の公式HPで一覧になっている。
 軽井沢町は10月10日から、台風19号に関する注意喚起や警報、避難所開設、停電状況などの情報を、防災行政無線、事前登録者へのメール、ホームページで発信した。情報提供のあり方については、町民から不満の声があがっている。

 新軽井沢の男性は「暴風雨で窓を閉めきっていて、無線は何を言っているか聞こえない。そのあとで町のHPを見ても、情報が更新されていなかった」。軽井沢町旅館組合の担当者は「停電の復旧状況などを知らせてもらえず、不安になっていた施設もあった」と話した。

 追分在住で、ツイッタージャパンの立ち上げにも携わった櫻井泰斗さんは、災害時に一人でも多くの人に情報が行き渡るよう、町の情報発信プロセスの改善を求め、署名活動を始めた。「別荘所有者や旅行者の方々も、天災時の情報を求めている。オープンかつ迅速に、様々な方に向けて情報提供していくことが、自治体として求められている」。

 櫻井さんは署名で要求することの一つに、軽井沢町の公式SNSアカウントの開設をあげている。「複数の情報収集の手段があると、一つがダウンした時もリスクヘッジになる。より多くの手段で同じ内容を発信するのが大事だと思う」と見解を述べた。

外国人観光客への対応は?
 台風情報の行政防災無線は日本語のみ。町のホームページは英語、韓国語、中国語でも表示可能だが、外国人観光客が必要としている情報にすぐ辿り着けるかは疑問が残る。

 軽井沢観光協会では11日から、日本政府観光局のHPに繋がるQRコードを観光案内所入口に掲示。12日は13時以降、スタッフの安全を考え、案内所を閉所した。事務局長の工藤朝美さんは「インバウンドの人に、災害時の情報をどう伝えて行くかが、これからの一番の課題」と語る。

 軽井沢町は10月、2023年の外国人延べ宿泊者数を年間30万人に増やす「軽井沢インバウンドビジョン」を発表している。外国人観光客に向けた非常時の情報発信、帰宅困難者対策に取り組み、安心して訪れてもらえる体制が作られることに期待したい。

群馬県嬬恋村  橋流失、復旧の見込み立たず

1911_news_taihu04.JPG 流失した鳴岩橋。嬬恋村役場提供。
 群馬県嬬恋村では、吾妻川上流部が氾濫し、村内の東西を結ぶ国道144号で、鳴岩橋が断続的に約1km流失。大笹北軽井沢交差点から田代の毒水橋までの4.2kmで通行止めが続いている(11月1日現在)。他にも県道1カ所、村道2カ所が通行止めとなり、復旧の見込みが立っていない。

日本初のITシステムが町内で運用開始 買い物支援のマッチングサービス

1911_news_kaimono.jpg
 高齢者でも電話だけで利用できる買い物援助のITシステム「えんじょるの」が、10月1日から佐久市・小諸市・御代田町・軽井沢町で運用開始になった。

 買い物を依頼したい利用者と買い物を代行する援助者は、それぞれハガキやインターネットで自分の情報と生活の中で利用しているスーパーを登録する。利用者が電話で着信を入れると、同じスーパーに登録している援助者に「買い物依頼」のメールが一斉配信される。先着順で決まった援助者にメールで利用者の電話番号が知らされ、直接電話をかけて御用聞きをするというシステム。利用者は援助者に報酬として500円を渡す設定だが、双方の交渉次第で500円を超えなければ金額変更もでき、金銭以外(畑で採れた野菜など)での支払いも可能だ。全地域において現段階で、利用者は15人、援助者は51人が登録している。

 買い間違いが起こってしまった場合、今後は「えんじょるの」が金額を負担する形へと移行する予定だ。代表の美齋津康弘さんは「少しずつでも利用者が増えて助かる人がいたら嬉しい。地域の人達の繋がりができることが最終目標です」と笑顔を見せた。お問い合わせ:TEL050-3579-3434

町内から11件届け出の民泊、苦情案件も

 軽井沢町は10月30日に開いた、軽井沢町風俗審議会(委員10人)の中で、町内の住宅宿泊事業(民泊)の状況について報告した。町環境課によると、長野県に受理されている町内からの民泊の届け出は11件。中には、近隣住民から苦情が発生している場所もあり「県に対応を依頼しているが、解消には至らないのが現状」とした。町は、自然保護対策要綱の中で、民泊の禁止を定めている。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP