軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ニュース
軽井沢新聞 ニュース

北朝鮮のミサイル想定、避難場所に碓氷トンネル

高額の防護服購入は見送り

news-tonneru.JPG 軽井沢側から最も近い位置にある旧信越線トンネル。
 軽井沢町は、北朝鮮のミサイル発射などを想定し、有毒ガスに備えた防護服や防毒マスクなど30セット(費用160万円)の購入を検討していたが、町議会6月会議に補正予算案を提出しなかった。町民から「軽井沢町だけ特別に危ないのか」など否定的な意見があり、予算を査定していく過程で「総合的に判断した」という。
 一方で、有毒ガスなどには対応していないが、サーズ、エボラ熱などの感染や、多量の降灰などから身を守る、低額の密閉服やマスクなどのセットを、今年度の予算で発注した。計30セット(約10万円)を購入し、安全な場所に避難誘導する際、職員が着用する。
 また、弾道ミサイル発射など有事の避難場所として活用を検討している群馬県境碓氷峠の旧信越線トンネルについては5月10日、安中市と第一回目の会合(非公開)を開いた。トンネルは上り11カ所、下り18カ所あり、安中市が所有。安中市側からは「断る理由はない」との返事があり、前向きに検討する方向で協議を進めていく。
 トンネルは町の東側に位置することから、町は他地区でも避難場所に相応しい頑丈な施設の洗い出しを行うという。藤巻進町長は議会6月会議のあいさつで「この先、何が待っているかは誰にもわからない。自然災害に備えるのと同様、武力攻撃やテロに対しても備えるのが行政の務め」と考えを示した。
 これを聞いた町民からは「危機意識を持つという意味では良いと思うが、ミサイルに搭載されるものによっては、トンネル内に入ってくる場合もある」(60代女性)。「碓氷トンネルに辿り着くまでに間に合うのか」(50代男性)など疑問の声が聞かれた。

かつて二手橋にあった石像を野沢家が寄付

三面馬頭観音像、旧軽ロータリーへ

news-bosatu.JPG
 軽井沢町教育委員会は6月5日、野沢家から寄付を受けた三面馬頭観音像を、町有地の旧軽井沢ロータリーに移設した。石像は1853年、伊那市高遠の石工が制作。3つの顔と6本の腕を持ち、頭頂に馬の頭があるのが特徴。一塊の石から像の全体を掘り出す「丸彫り」の立像で、教育委員会によると「丸彫りの三面馬頭観音像は、全国的にも珍しい」という。
 もともとは旅と馬の安全祈願のため、二手橋近くにあったもので、軽井沢で別荘地を開発した実業家の野沢源次郎が手厚く保護していた。移設する前は、貿易商社「野沢組」の保養所にあった。
 軽井沢町文化審議委員会の大久保保さんらが、移設を打診し、野沢家側が町への寄付に応じた。
 大久保さんは「軽井沢にある仏像の中では一番良い出来。馬が活躍した中山道の宿場町だったことを思い起こしてほしい」と話した。

県議選の選挙区見直し 要望書は北佐久・小諸地区が最多

「現地調査」で町長・議長から意見聴取

 2019年の県議選に向けて議員の選挙区や定数の見直しを進めている長野県議会の「選挙区等調査特別委員会」は、5月25日に佐久市合同庁舎で市町村長らから意見を聞く調査を行った。軽井沢町、御代田町、小諸市は首長・議員がこの3市町を合区にして定数2とすることを要望。立科町長や同議会、御代田の住民からは現行の区割り維持の要望書が出された。また、軽井沢の住民やNPO団体など3団体も現行維持の要望書を提出。本議会にかけることなく変更の要望書を提出したことに対して「1票を投じる住民の意思が反映されているのか」という疑問があがっていた。他の選挙区に比べて要望書の数は「佐久市・北佐久郡・小諸市選挙区」が県内最多だった。
 軽井沢町長は「3市町はしなの鉄道沿線にあり、観光や防災の面で協力している」と強調。一方、立科町長は「北佐久郡として長い歴史のつながりがある。住民の声を反映させるべきだ」と述べた。佐久市長は「産業構造の類似性がある」として3市町の合区を支持した。
 調査終了後、同委員会長の古田芙士県議は「出された意見を参考にしっかり議論し検討する」と語り、9月定例会には方向性をまとめる意向を示した。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP