軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 トピックス
軽井沢新聞 トピックス

地元企業へ就業体験、軽井沢高校生徒が成果発表

1802_topics_dual.JPG
 生徒が地元企業で実務を経験する「デュアルシステム」を導入している軽井沢高校は1月29日、今期の成果発表を行った。社会人としてのマナーやコミュニケーション能力などを身に着けるため、3年生の希望者を対象に2016年度から実施している。生徒は6~12月に18回、金曜日の午後に企業へ出向いて実際の業務を体験した。

 この日は生徒を受け入れた17企業の担当者も出席し、生徒21人の発表を聞いた。ホテル音羽ノ森で実務を行い、就職の内定をもらった川尻晧太さんは「社会人としてのマナー、技術を学んだ。

 発表会後、教諭と企業による反省会では、多くの企業担当者が「どこまで仕事を教えるか、どの程度まで責任をもってもらうかが曖昧」と課題をあげた。軽井沢高校によると、来年度は金曜日を1日使った実習になるという。

「テレワーク」テーマに政務官囲んでトーク

1802_topics_kurumaza.JPG
 大臣、政務官らが国の政策を地域住民と話し合う「車座ふるさとトーク」が1月15日、発地市庭で開かれた。場所や時間にとらわれず仕事を行う「テレワーク」をテーマに、総務省の山田修路政務官が、軽井沢町民ら10人と意見を交わした。山田政務官は軽井沢での働き方の事例を聞き「テレワークは今後、早いスピードで広がって行く。軽井沢や他地域のよい取り組みがより広まって、地方の活性化に繋がれば」と先を見据えた。

7人のウエディングプランナー、結婚式の魅力を伝える

1802_topics_wedding.JPG 式をプレゼンした7人のプランナー。
 町内の13施設が加盟するウエディング協会は1月29日、自社の結婚式場で行われた挙式を紹介する「第2回軽井沢ウエディングアワード 結婚しよう!」を開催した。7つの式場のウエディングプランナーが、担当した結婚式を発表し、5人の審査員と、約50名の出席者が投票。グランプリに選ばれたのは「軽井沢倶楽部 有明邸」の西澤順子さん。

 故郷の異なる2人が軽井沢で出会い、「軽井沢で生きていく」決意を両親に伝えた夫婦の結婚式をプレゼン。西澤さんは「結婚式を挙げた家族、ゲストの皆様が軽井沢ファンになってくれるように今後もプロデュースしたい」と話した。審査員を務めた藤巻町長は「結婚式を挙げる人は減少している。挙式後も人との繫がりを大切にして、人生の節目などで施設を使ってくれるようにしてほしい」と語った。

桜の木を移植する募金に協力してお花見を楽しもう

1802_topics_sakura.jpg

 国道18号線と浅間サンラインの交差点付近にある桜の大木が店舗建設のために切られようとしている。この木は、2012年に御代田町が桜並木を伐採するときに、ボランティア団体の手によって保護された11本のうちの1本。移植後も毎春、美しく花を咲かせてきただけになんとかならないかという声があがり、費用の協力金を募って移植することになった。移植の場所はすぐ近くのBESEAの森(※)。3000円以上の募金に協力する人には、お花見の優先権(コーヒー付)をプレゼント。募金は軽井沢新聞社でも受付中。TEL090-9353-1742(軽井沢BESEA事務局)
※BESEAの森:軽井沢の自然景観保護のボランティア団体が造った白樺林。白樺と桜のコントラストがみごとな風景を描くであろうとこの場所が選ばれた。

エコツーリズム推進協議会が発足

1802_topics_eco.jpg
 軽井沢町は1月29日、自然や歴史文化を観光に生かし、保全に繋げる「エコツーリズム推進協議会」の初会合を開いた。インバウンド需要の高まる中、自然や歴史に親しむ体験ツアーの造成を目指す。当面は、峰の茶屋と旧軽井沢を結ぶ信濃路自然歩道、旧中山道をテーマに、現地調査を行いながら、魅力を探り、問題点を洗い出す。協議会は軽井沢観光協会、町商工会、ガイドの会、ピッキオなどから委員13人と、オブザーバー3人で構成。会長に就任した藤巻町長は「資源を魅力あるものに磨きあげて、自然や歴史文化とのふれ合いを目的に旅行する、欧米からの観光客増加につなげたい」と挨拶した。

ヒルトンの日本初進出ブランドホテル、軽井沢に

1802_topics_hilton.jpg
 東急不動産とアメリカのホテル大手ヒルトンは1月10日、昨年買収した「旧軽井沢ホテル」を、「KYUKARUIZAWA KIKYO,Curio Collection by Hilton」として、2018年春にリニューアルオープンすると発表した。両社がホテル事業で協業するのは初めて。「Timeless ゲストが自分自身を取り戻す時空間」をコンセプトに、何度でも通いたくなる心惹かれるホテルを目指すという。

Jr.ゴルファー平木さん、今春高校生に 「多くの人に知ってもらえる成績を」

1802_topics_hiraki.JPG 獲得したトロフィーを前に町長と懇談する平木さん。
 軽井沢町在住で御代田中学3年のジュニアゴルファー、平木亜莉奈さんが12月28日、軽井沢町長を訪ね2017年の戦績を報告した。平木さんは町長の推薦で出場した、昨年8月の女子プロツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、アマチュアトップの32位に入り「ベストアマチュア賞」を獲得。12月には「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権・フロリダチャレンジ」(15~18歳の部)で、昨年(11~14歳の部)に続き優勝するなど、年間を通じ好成績が残せたことを伝えると、町長は「目標に向かって着実に一歩一歩進んでいる」と活躍を喜んだ。

 平木さんは今年3月に中学卒業後、茨城県の通信制高校へ進学が決まっている。これまで通り軽井沢に身を置いて、インターネットを通じて勉学に励み、ゴルフ場で働きながら練習を積むという。18年は「プロが出場する大会で、もっと多くの人に知ってもらえるくらいの成績を残したい」と意気込みを語った。

軽井沢を玄関口に信州観光

はしる!キャラクター列車

しなの鉄道は12月25日から、沿線地区のキャラクターをラッピングした列車の運行を開始した。列車側面に長野県PRキャラクターのアルクマ、軽井沢町のルイザちゃんなど、11体をラッピング。軽井沢~妙高高原間を2018年12月まで運行予定。

訪日外国人向けに、2日間乗り放題パス

 しなの鉄道は2月1日から、訪日外国人旅行者を対象に、軽井沢駅ー屋代駅間で2日間乗り放題の特別乗車券「SHINANO RAILWAY BANZAI 2-DAY PASS」の販売を始めた。鉄道の利用促進、沿線地域の発展につなげようと、軽井沢観光協会がしなの鉄道や沿線の観光団体などに企画を持ちかけ実現。乗車券は軽井沢駅のみで3月31日まで販売。料金は大人1000円、小児500円。乗車券の提示でサービスを受けられる、54の施設を紹介した英語、中国語(繁体)のパンフレットも作成した。
1802_topics_rapping.JPG
1802_topics_sinatetu02.JPG 乗車券を使い、小諸を訪問するという台湾の観光客。

スキーバス転落事故から2年、遺族ら献花に

1802_topics_skibus.JPG
 軽井沢スキーバス転落事故から2年が経つ1月15日、遺族や犠牲者の友人らが現場を訪れ冥福を祈った。藤巻進町長、町職員ら11人も献花。町長は「国を中心として、関係機関に整備を進めていただき、このような事故が二度と起きないようにしたい」と沈痛な面持ちで語った。

議場でコンサート「議会に来るいいきっかけ」

1802_topics_gijyou.JPG
 軽井沢町議会は1月12日、議場コンサートを初めて開催した。会議終了後、軽井沢ファミリーオーケストラの5人が「ヴィバルディ四季より冬篇第2楽章」「愛のあいさつ」など全8曲を演奏。議員席なども開放され、約70人が聞き入った。この日初めて議場を訪れたという、町内の小野寺功さんは「目の前での演奏は迫力があった。議会には以前から来たかったので、良いきっかけになった」と話していた。

軽井沢のフットサルチーム、県リーグ初優勝

1802_topics_futsal.jpg
 軽井沢を拠点に活動する男子のフットサルチーム「SC軽井沢クラブ」は12月17日、長野県リーグ1部(全10チーム)で初めて優勝を決めた。チームは2月18日、長野県代表として北信越リーグ2部への昇格をかけ参入戦(南長野運動公園体育館)に挑む。

軽井沢周辺14のスキー場や施設で使える お得な共通クーポン券が登場

1711_topics_ski02.JPG
 軽井沢周辺のスキー場等で使える「軽井沢ベースキャンプパスポート」(5枚つづり、税込21000円)が発売されている。軽井沢から車で1時間半以内にある12のスキー場で使用可能。クーポン1枚と交換で5300円のリフト券や、リフト券に温泉や食事が付いたセット、6000円相当のペアリフト券など施設ごとで異なるサービスを受けられる。またNPO法人ピッキオのネイチャーウォッチング、アサマフィールドネットワークのスノーシューなどでも利用できる。軽井沢ベースキャンプ事務局の河野岳さんは「軽井沢を拠点にスノーリゾートを楽しんでもらい、冬の滞在を増やしたい」と話している。200セット限定。公式サイトから事前予約で販売 www.karuizawa-travel.com/karuizawabasecamp。期間中に使い切れなかった未使用チケットは地域特産品と交換できる。

りんごテーマに 13店舗で独自スイーツ提供

1711_topics_sweets01.jpg 1711_topics_sweets02.jpg
軽井沢のホテルやレストラン、カフェのパティシエが考案した独自のスイーツを各店で提供する「軽井沢スイーツ散歩」が11月30日まで行われている。信州産りんごをテーマに、13店舗が参加する。

 期間中はスタンプラリーも開催し、一つのオーダーで一個押印されるスタンプを10個集め応募すると、抽選で5組10名を「軽井沢スイーツ散歩 ザ・プレミアム」(2018年2月3日、万平ホテル)に招待。17年春のスタンプも引き続き利用できる。

<参加店舗>
軽井沢キッシュ&バル A-WOTO/アトリエ・ド・フロマージュ(軽井沢チーズ熟成所売店・旧軽井沢店)/ホテル軽井沢エレガンス/旧軽井沢 ホテル音羽ノ森/ホテル 鹿島ノ森/SAWAYA(こどうテラス・旧軽井沢店)/旧軽井沢 つるや旅館/トラットリア モンテクッチーナ/軽井沢プリンスホテル ウエスト/軽井沢マリオットホテル/軽井沢 万平ホテル/ミカド珈琲(旧道店、プリンスショッピングプラザ店)/野菜がおいしいレストラン 軽井沢ホテルロンギングハウス

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PAGE TOP