ミセスジャパン長野大会 軽井沢町在住の2人が受賞

2011_topics_ms.JPG 土信田由利子さん(左)と、岡田祐未子さん(右)。
 既婚者または結婚歴がある女性やシングルマザーが外面と内面の美しさを競う「ミセスジャパン2020 長野大会」が9月に長野市で開かれ、軽井沢町在住の2名が受賞した。46歳以上が対象のクラシック部門に出場した11人の中から、岡田祐未子さんがグランプリに選ばれ、土信田由利子さんがスポンサー賞を受賞。岡田さんは「離別した一人息子に誇れる母になりたい」という思いから、離婚後に起業したエピソードを舞台でスピーチした。2人は10月15日、軽井沢町長を表敬訪問し、結果を報告。地方大会でグランプリに選ばれた人が出場できる日本大会(2021年3月開催)に岡田さんは出場する。「軽井沢のエレガントさを伝えたい」と岡田さん。

関連記事

    人気の記事