SC軽井沢クのランニングサークル、ゴミ拾い

2011_topics_gomihiroi.JPG
 スポーツコミュニティー軽井沢クラブの、風越ランニングサークルは10月20日、普段走っているコースでゴミ拾いを行った。15人がスカップ軽井沢前から3コース(女街道、国道18号バイパス方面、軽井沢発地市庭方面)に分かれて出発。1時間ほどかけて、特大のごみ袋に満杯の可燃ごみと、袋半分のペットボトルや缶、瓶を集めた。田中良夫さんは「皆さんと一緒にできて楽しく拾えた。気持ちがいい」。同サークルは2016年にスタート。歩いたり走ったりするのが好きなメンバーが集まり、毎週火、土曜に活動。当初から、年一回のゴミ拾い活動を続けている。

関連記事

    人気の記事