バス事故から1年...

IMG_3714.JPG
 国道碓氷バイパスのバス転落事故から1年となった1月15日、事故現場には献花台が置かれ、多くの人が犠牲者を悼んだ。この事故では15人が死亡、26人が負傷、犠牲となった多くが若い大学生だった。事故が起きた午前1時55分に合わせ、遺族や友人、事故を起こしたバスの運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)の社長らが花を手向け黙とうした。日中も花束を手にした地元住民や遺族関係者らが絶えず献花に訪れていた。

関連記事

    人気の記事