信州・美食マルシェ

wadai-paeria.jpg 軽井沢・男子美食倶楽部では、料理の腕前を競うコンテストや、料理教室などを開いていく予定。料理好き男性メンバーを募集している。
 軽井沢を美食の町として発信しようと、昨年発足した「美食リゾート軽井沢」が6月18日、軽井沢発地市庭で「信州・美食マルシェ」を開く。町内外の生産者約10人が、野菜や果物、チーズなどの加工品を販売。レストラントエダの戸枝忠孝シェフらが、マルシェで販売する食材で独自メニューを作りそれぞれ提供する。軽井沢産野菜に、ボスケソ(佐久市)のチーズ、メゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキ(長和町)の生ハムを合わせたサンドイッチも販売する。また、同日活動をスタートする、「軽井沢・男子美食倶楽部」メンバーによるパエリャの振る舞いもある。

関連記事

    人気の記事