ナショナルトラスト運動

1709_topics_atagoyama_280.jpg
 米国人が持っていた愛宕山山頂の15000坪を買い取って豊かな森を残そうと、NPO法人「愛宕山てっぺんの森を守る会」が発足し、活動の輪を広げている。

「愛宕山は幾つかの神社があり、昔から親しまれてきた場所。既に動植物の生態も調査しました。『親子森の教室』などを開催し森を愛する人を育んでいきたい」と代表の加藤正文さん。

 ボランティアを持続させるために「人と自然と産業」を組み合わせた運営を図り、交流の場を作りたいと意気込みを語った。年会費3000円~。TEL090-3106-4644

関連記事

    人気の記事