軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 トピックス
軽井沢新聞 トピックス

軽井沢生まれのベアドッグ育成に挑戦

ピッキオ、出産に向け寄付金募る 

1709_topics_beardog_280.jpg 寄付は2000円以上1000円単位で、ゆうちょ銀行からの振り込み、ピッキオビジターセンターでも受け付ける。TEL0267-45-7777(ピッキオ)
 軽井沢町の委託でツキノワグマ対策にあたるNPO法人ピッキオが、日本生まれのベアドッグ(クマ対策犬)の繁殖、生育を行う。出産を試みるのは、現在いる2頭のベアドッグのうち、メスの「タマ」。オス犬をアメリカのベアドッグ育成機関「Wind River Bear Institute(WRBI)」から迎え2018年2月に交配、4月の出産を予定している。

 アメリカからベアドッグを輸入するには、予防接種から最低10カ月の月日が必要。その間の育成管理コストを削減し、幼少期の訓練ノウハウも身に付けたい考えだ。

 プロジェクトに必要な325万円のうち約170万円は、各種財団から助成を受けるが、残りは一般からの寄付を募る。寄付金はWRBIスタッフとオス犬の来日渡航費と謝礼、繁殖小屋とドッグラン(計約330㎡)の建設費、子犬のフード費などにあてる。

 「将来的には出産、育成をピッキオの中だけでできるように、まずは挑戦するところから始めたい」と広報担当者。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP