軽井沢を玄関口に信州観光

はしる!キャラクター列車

しなの鉄道は12月25日から、沿線地区のキャラクターをラッピングした列車の運行を開始した。列車側面に長野県PRキャラクターのアルクマ、軽井沢町のルイザちゃんなど、11体をラッピング。軽井沢~妙高高原間を2018年12月まで運行予定。

訪日外国人向けに、2日間乗り放題パス


 しなの鉄道は2月1日から、訪日外国人旅行者を対象に、軽井沢駅ー屋代駅間で2日間乗り放題の特別乗車券「SHINANO RAILWAY BANZAI 2-DAY PASS」の販売を始めた。鉄道の利用促進、沿線地域の発展につなげようと、軽井沢観光協会がしなの鉄道や沿線の観光団体などに企画を持ちかけ実現。乗車券は軽井沢駅のみで3月31日まで販売。料金は大人1000円、小児500円。乗車券の提示でサービスを受けられる、54の施設を紹介した英語、中国語(繁体)のパンフレットも作成した。


1802_topics_rapping.JPG


1802_topics_sinatetu02.JPG
乗車券を使い、小諸を訪問するという台湾の観光客。

関連記事

    人気の記事