新店舗は木製知育玩具の販売店

1804_topics_challenge.jpg
 しなの鉄道中軽井沢駅併設の地域交流施設「くつかけテラス」のチャレンジショップは4月1日から1店舗が入れ替わり営業を始めている。2018年3月に満期を迎えた「あそび堂」に替わり、新しくオープンしたのは「オリジナルデザインの木製知育玩具」がコンセプトの木製おもちゃを販売する「sekispielzeug(セキシュピールツォイク)」。オーナーの関尚子さんは「子どもだけでなく、大人も楽しめて、部屋に飾っても良いように制作している。幅広く楽しんでほしい」と話した。チャレンジショップは新規事業者を対象に2年間の期限付きで無料貸し出しする取り組み。

関連記事

    人気の記事