よりよい軽井沢高校目指し、生徒らが話し合い

2008_topics_3sya.JPG
 軽井沢高校は7月14日、生徒、教職員、保護者の三者が、よりよい学校づくりに向けて話し合う「軽高会議」を開いた。約40人が4つのテーマごとに分かれ、課題解決に向けアイデアを出し合い、最後にはZoomで各教室を繋ぎ代表者が発表した。「地域・校外」について話し合ったグループは「地域との交流が少ないこと」を課題に設定。「地域を巻き込める企画を考え、商工会や観光協会に持ち込んだらどうか」「高校生の視点で、おすすめの道を示したサイクリングマップを作ったら面白い」などのアイデアが出ていた。

関連記事

    人気の記事