ふるさと納税、使い道を見える化 御代田町がサイト開設

2010_topics_miyotan.png

「みよたんクエスト」ホーム画面。



 御代田町は9月25日、ふるさと納税の特設サイト「みよたんクエスト」を開設した。集まった金額に応じ、妖精「みよたん」がサイト上でレベルアップ。レベル1〜30に応じた事業が、1つずつ実現していく仕組みだ。10月5日現在、既にレベル1の「みよたんの出張費(20万円)」、レベル2の「障がいのある子どもに職業体験(13万4千円)」を達成。町役場企画財政課の担当者によると、ふるさと納税の様々な事業を同時に進めてきたため「どれが原因かはわからない」としつつも、サイト開設後に納税する人が増えているという。

関連記事

    人気の記事