長野高専、ロボコンで特別賞 龍神まつりをロボットで再現

2104_topics_ryujin.JPG
 2020年11月29日にオンラインで開催された「全国高等専門学校ロボットコンテスト2020」で、長野工業高等専門学校Dチームが本田技研工業株式会社による特別賞を受賞した。「御代田龍神まつり」の龍の舞を再現。遠隔操作でロボットを動かす点を評価された。これを受け、3月23日に同チーム4名(オンラインで3名)が御代田町へ表敬訪問した。

 今年のテーマは「誰かをハッピーにするロボット」。龍神まつりがコロナ禍で中止となり、残念に思っている人たちをハッピーにしようと企画したという。御代田龍の舞保存会のメンバーに連絡をとりアドバイスを受けながら作成したロボットは、材料などもできるだけ本物と同じものを使うというこだわり。「メンテナンスや突発的なトラブル対応が大変だった。本番ではうまく動かせて良かった」とメンバーの新村さん。小園町長からは「かなり再現性が高い」と評価を受け、町職員からは「来年の龍神まつりで、町内の人にも見てもらえないか」という声も上がった。

関連記事

    人気の記事