動物病院が開発 ワンちゃん猫ちゃん用 活動量計

2108_topics_pet.JPG

(写真:電池を含めてわずか9グラムという軽さ。プラスサークル9900円。

 ペットの首輪などに装着し、アプリで健康管理ができる「プラスサークル」。日本動物高度医療センターが開発したもので、センサーで活動量やジャンプ数を計測し、日々の健康を記録・管理することで、異常や変化を早期に発見できるという。7月から軽井沢書店で取り扱いが始まっている。かかりつけの動物病院の診察結果を記録できる機能もあり、軽井沢周辺では中軽井沢どうぶつ病院とあさま動物病院が提携。「軽井沢は愛犬・愛猫家が多く、コミュニケーションがより深まるきっかけとして取り扱っています」と同書店のスタッフは話している。

関連記事

    人気の記事