万平ホテルで業務体験、軽高生「観光」の授業で

2111_topics_mampei_.jpg
 軽井沢高校3年生の14人は選択科目「観光」の授業で万平ホテルを訪れ、業務体験などを行った。西川眞司支配人からホテルの歴史やおもてなしについてレクチャーを受けた。西川さんは「万平ホテルは戦後7年間、米軍将校の休養地でした。料理やサービスなどのより深い知識を得ることができ、飛躍の年でした」と説明。生徒は客室や史料室を見学し、メインダイニングルームでテーブルセッティングを体験。生徒の宮原弘夢さんは「高級なホテルに来たのは初めて。ナイフやスプーンの置き方など、細かい箇所まで丁寧にセッティングしていてすごいと思った」と話した。

関連記事

    人気の記事